作品詳細

鬼切丸伝 (12)

鬼切丸伝 (12)

著者
シリーズ
鬼切丸伝
カテゴリー
SPコミックス , コミックス
発売日
2020年10月29日(木)
判型
B6
ページ数
192ページ
掲載誌
コミック乱ツインズ
定価
本体 636円+税(税込 700円)
ISBN
9784845856701

「鬼を斬る」大人気歴史伝奇アクション!

“歴史に潜む鬼を斬る!” 退魔アクション「鬼切丸」シリーズ最新12巻!!

歴史の闇には「鬼」に連なる真実が隠されている…。
人を超越した圧倒的な力を持つ鬼。
その肉を断つことのできる神器名剣「鬼切丸」を携えた少年は、
人間の天敵である鬼を倒す日々を送っていた。

第12巻は、能の大成者「世阿弥」、歌舞伎の祖となった「出雲阿国」が登場。
中近世日本を代表する伝説的なアーティストたちは、
如何にして鬼に関わる事になるのか。
そして、鬼切の少年が唯一仕留めきれなかった
戦国最強の鬼・織田信長が、紅蓮の炎を背負い復活する……!
日本史の闇、鬼を生み出す人の業に光を当てる
エモーショナルロマンスアクション!
天才女流作家・楠桂が描く
「日本史の闇と鬼切丸の少年との戦い」に刮目せよ!!

●12巻記念の大放出!! 直筆アイテムプレゼント!!!
コミックスお買い上げの方の中から合計20名様に、
リクエストイラスト色紙を含む先生直筆レアグッズをプレゼント!

■著者概要

楠桂【くすのき けい】
1981年、15歳で集英社の第14回りぼん新人漫画賞で準入選。同年デビュー。少女漫画を中心にファンタジー・ホラーなど幅広いジャンルで活躍。代表作にはアニメ化、TVドラマ化もされた『八神くんの家庭の事情』、『鬼切丸』(ともに小学館)がある。近作に『おれのキングダム』(全12巻/小学館)など。

ページの先頭へ