『仕掛人 藤枝梅安』第3巻 刊行のお知らせ

闇社会に生きる〈暗殺者〉を描くNo.1ピカレスク!

株式会社リイド社(所在地:東京都杉並区、代表取締役社長:齊藤哲人)より2018年2月13日(火曜日)に、武村勇治(漫画)・池波正太郎(原作)、『仕掛人 藤枝梅安』第3巻を刊行いたします。

逕サ蜒・baian03_cover

内容

 時代小説の大家・池波正太郎の三大名作『鬼平犯科帳』・『剣客商売』――そして鍼医にして殺し針で悪を闇に葬る仕掛人・藤枝梅安の暗闘を描く『仕掛人 藤枝梅安』。

映画化、ドラマ化も度々されるこの名作を、累計300万部突破の『義風堂々!!』シリーズや『トリガー』を描いた武村勇治が熱く、大胆にコミカライズ!

本巻では、梅安の盟友である剣客・小杉十五郎に突如降りかかる同じ道場の門弟たちの因縁を、小杉の剣と梅安と彦次郎の仕掛けで乗り越える名編「梅安初時雨」と、武家の妻女の仇を梅安が討つ「春雷仕掛針」の2編5話を収録。

書籍名
仕掛人 藤枝梅安 第3巻
作者
武村勇治(漫画)・池波正太郎(原作)
出版社
リイド社
発行日
2018年2月13日(火)
定価
本体648円+税
ページ数
208ページ
判型
B6判

著者プロフィール

・武村勇治
大阪府出身。大学在学中に『小学館コミック大賞』受賞。その後『週刊少年サンデー』でデビュー。代表作に『義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次月語り~』『義風堂々!! 直江兼続 ~前田慶次酒語り~』『トリガー』『蟻地獄』がある。熱い筆致、大胆な構図と構成で読者を圧倒する実力派。

・池波正太郎
戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人・藤枝梅安』の三大作品をはじめ『真田太平記』など、戦国・江戸時代を舞台にした時代小説を次々に発表する傍ら、美食家・映画評論家としても著名であった。

TwitterFacebookLineHatena
本プレスリリースへのお問い合わせは下記からお問い合わせください。

下記項目すべてご入力のうえ、お問い合わせ内容の確認画面へお進みください。

- -
お問い合わせ内容
『仕掛人 藤枝梅安』第3巻 刊行のお知らせ

ページの先頭へ