作品詳細

鬼切丸伝 (8)

鬼切丸伝 (8)

著者
シリーズ
鬼切丸伝
カテゴリー
SPコミックス , コミックス
発売日
2019年05月24日(金)
判型
B6
ページ数
192ページ
掲載誌
コミック乱ツインズ
定価
本体 583円+税(税込 630円)
ISBN
9784845854646

乱世に蠢く鬼を切る! 大人気歴史伝奇アクション!

人気女流作家・楠桂の不朽の名作「鬼切丸」シリーズ最新刊!!

明かされざる歴史の闇には「鬼」に連なる真実が隠されている…。
人を超越した圧倒的な力を持つ鬼。
その肉を断つことのできる神器名剣「鬼切丸」を携えた少年は、
人間の天敵である鬼を倒す日々を送っていた。

第8巻は慶長より始まるキリシタン迫害と、
鬼にまつわる悲劇を描く「鬼理支丹」(前後編)、
豊臣秀次もろとも処刑された女性達を巡る鎮魂奇譚「泣き鬼姫」、
数々の歌を残した平安の僧・西行が
禁忌に手を染める「鬼反魂の章」(前後編)を収録。
歴史の闇に潜む鬼と情念が入り乱れる
エモーショナルロマンスアクション。
天才女流作家・楠桂が描く
「日本史の闇と鬼切丸の少年との戦い」に刮目せよ!!

■著者概要

楠桂【くすのき けい】
 1981年、15歳で集英社の第14回りぼん新人漫画賞で準入選。同年デビュー。少女漫画を中心にファンタジー・ホラーなど幅広いジャンルで活躍。代表作にはアニメ化、TVドラマ化もされた『八神くんの家庭の事情』、『鬼切丸』(ともに小学館)がある。近作に『おれのキングダム』(全12巻/小学館)など。

ページの先頭へ