『鬼切丸伝 第5巻』刊行のお知らせ

株式会社リイド社(所在地:東京都杉並区、代表取締役社長:齊藤哲人)は、単行本として楠桂(著)『鬼切丸伝 第5巻』を2017年11月30日(木曜日)に刊行いたします。

9784845852468

『鬼切丸伝』概要

 

1992年〜2001年まで「少年サンデー超増刊号」(小学館)にて連載されていた大人気漫画『鬼切丸』の続編にあたるのが本作『鬼切丸伝』。神器名剣“鬼切丸”を操る少年と、闇に潜む“鬼”との戦いを描いた怪奇アクション漫画です。『鬼切丸伝』では、活躍の舞台を平安時代から江戸時代まで広げ、有名な歴史的人物や、そのエピソードを絡めた物語で魅了します。現在「コミック乱ツインズ」にて大好評連載中です。
 昨年から「メディアミックス展開」として舞台化もされ、『鬼切丸伝』の世界がさらなる広がりを見せ、注目を集めております。

『鬼切丸伝』第5巻概要

天正十年(1582)の本能寺の変。織田信長は、最愛の小姓・森蘭丸を失った悲観のあまり“鬼”と化す。残虐非道な鬼と成った信長は、その哀しみと怒りを一体誰にぶつけるのか!?
戦国時代を縦横無尽に駆け巡る全五話。特別オマケ漫画「舞台・鬼切丸伝再演記念漫画」も収録!!

『鬼切丸伝』舞台の再演決定記念特別プレゼント企画

本巻購入者の中から抽選で40名様に『鬼切丸伝』舞台の再演決定記念の特別企画として、著者・楠桂先生の「直筆サイン入り」豪華商品を40名様にプレゼントいたします。
《全て直筆サイン入り》
・イラスト色紙 5名様
・トートバッグ 10名様
・複製原画 25名様

著者紹介

楠桂(くすのき けい)
1966年愛知県生まれ。1981年、15歳で集英社の第14回りぼん新人漫画賞で準入選を受賞する。その後『何かが彼女にとりついた?』でデビュー。代表作は『鬼切丸』をはじめ『八神くんの家庭の事情』など数々のヒット作を生み出している。

書籍名
鬼切丸伝 第5巻
著者
楠桂
出版社
リイド社
発行日
2017年11月30日(木)
定価
本体583円+税
ページ数
192ページ
判型
B6版判
   
TwitterFacebookLineHatena
本プレスリリースへのお問い合わせは下記からお問い合わせください。

下記項目すべてご入力のうえ、お問い合わせ内容の確認画面へお進みください。

- -
お問い合わせ内容
『鬼切丸伝 第5巻』刊行のお知らせ

ページの先頭へ