作品詳細

剣客商売 (31)

剣客商売 (31)

著者
シリーズ
剣客商売
カテゴリー
SPコミックス , コミックス
発売日
2018年06月27日(水)
判型
B6
ページ数
224ページ
掲載誌
コミック乱
定価
本体 580円+税(税込 626円)
ISBN
9784845851423

累計発行部数190万部突破!! 池波正太郎の傑作を大島やすいちがコミカライズした 大人気シリーズの最新刊!!

【収録エピソード】
「寒鮒」……国許での継嗣争いに端を発したトラブルに小兵衛の門人・森万之助が巻き込まれ、江戸へやってきた……しかし、当の本人は継嗣争いの元凶と思しき人物をどうしても憎めず……正義とは? 政治とは? 真実とはーーーーーー短編「恥」より

「無くした顔」……無外流をつかう、ある男と出会った秋山小兵衛……その男は人当たりの良い、好ましい性格だったが実は人には言えぬ秘密を抱えていた。一度、裏稼業に足を踏み入れた男の苦悩と悲哀をつぶさに描くーーーーーー短編「顔」より

「流れゆく雲」……春の或る日、三冬は小太郎を連れて伯父・和泉屋を訪ねていた。時同じくして同じ書物問屋・山城屋藤兵衛も和泉屋を訪ねていて……人間の業と縁、人生の儚さと不思議さが交錯した「春の夢」ーーーーーーーーーー短編「白痴」より

「梅雨雷」……無外流のつかい手で、小兵衛の知己である医者・横山正元は町で昔の女である「お喜代」に出くわす。お喜代は醤油酢問屋・飯沼屋の主人に嫁ぎ暮らしていたが、ある問題を解決するため正元に毒の手配を頼みーーーー短編「稲妻」より

ページの先頭へ