作品詳細

コミック乱ツインズ 2017年01月号
TwitterFacebookLineHatena

コミック乱ツインズ 2017年01月号

著者
シリーズ
コミック乱ツインズ
カテゴリー
コミック乱ツインズ , 雑誌
発売日
2016年12月13日(火)
判型
B5
ページ数
304ページ
掲載誌
コミック乱ツインズ
定価
本体 398円+税(税込 430円)
ISBN
4910038830172

これぞ日本の文化、時代劇の真骨頂!!
男の生き方、大人の漫画。コミック乱ツインズ 2017年01月号!

これぞ日本の文化、時代劇の真骨頂!!
男の生き方、大人の漫画。コミック乱ツインズ 2017年01月号!

皆様にご愛顧いただきコミック乱ツインズは今号で14周年を迎えます!!
今後も読者の皆様により面白い時代劇漫画をお届けできるよう邁進してまいります!!
どうぞご期待ください!!

今号は超本格時代劇が勢ぞろい!!
表紙・巻頭を飾るのは、『剣客商売』の大島やすいちが描く、池波正太郎時代劇スペシャル『江戸怪盗記』!!!
今回は“鬼平”こと長谷川平蔵の最大の敵が出現!? 時代劇画の巨匠が、究極の時代劇を紡ぎ出す!!!!

そして、剣客時代劇の新境地『勘定吟味役異聞 破斬』
迫る刺客、紀伊国屋文左衛門との対面、紅の誘拐…次々と訪れる窮地を聡四郎はどう乗り越えるのか!? 緊迫の第五話!

さらに、周年記念特別読切には『大砲とスタンプ』の速水螺旋人が本誌初登場!!
ミリタリー漫画の名手が日中戦争時に起きた不思議な出来事を速水流にゆる~く描く異色のファンタジー『鬼と兵隊』を掲載。

説明不要の大人気連載陣『鬼役』『すしいち!』『政宗さまと景綱くん』などに加え、新コラム『実録 江戸の真剣勝負』も連載開始!!

全方位、完全無欠の1月号をお見逃しなく!!!!

『池波正太郎 時代劇スペシャル 江戸怪盗記』[作画]大島やすいち/[原作]池波正太郎
葵小僧を名乗る盗賊一味が、江戸市中を跳梁跋扈するなか、火付盗賊改メの長谷川平蔵がついに動きだした──。
『剣客商売』の大島やすいちが満を持して“鬼平”を描く!! 時代劇画の真骨頂、ここにあり!!

『大江戸 子守り酒』ラズウェル細木
師走──。大七は仕事帰りに、軒先に飾られているイワシの頭とひいらぎを見かける。現代にも残っているあの“行事”が江戸時代には、年の瀬に行われることがあった!?

『勘定吟味役異聞 破斬』[漫画]かどたひろし/[原作]上田秀人
勘定奉行・荻原重秀の悪事を追求する最中、親しくしていた相模屋の一人娘・紅が、甲州屋の輩に攫われてしまう。このままでは、最悪の事態が……。紅の危機に、聡四郎が疾る──!!

◆周年記念特別読切◆
『鬼と兵隊』速水螺旋人
ミリタリー漫画の名手・速水螺旋人が本誌初登場!! 時は日中戦争──。一匹の鬼(おばけ)が日本軍の一人と遭遇!! おばけは自らの存在を証明すべく日本軍に攻撃開始!!?

『大奥でございます。』こだま学
新年を迎え、三が日をまったりと過ごしていた大奥の面々。しかし、正月7日に向けて徐々に女中たちの意気が盛んになっていき……?

『怨ノ介 Fの佩刀人』玉井雪雄
出羽国・月山に差し掛かった怨ノ介。突然何者かに追われる一人の男に助けを求められる。不破刀はその男に関わらないでと言うが、怨ノ介は密かな決意を胸にその男を助けることに──。

◆シリーズ連載◆
『小平太の刃』山口正人
小平太と三次は道中、仇討ちを目指す武家の祖父と孫の二人組と出会う。旅も八年目、孫はそろそろ潮時だと感じるが、祖父は一人でも仇討ちを成すと、先に行ってしまうって…?いま再び、小平太の任侠魂に火がつく!!

『歴史漫画はじめました。』いとう耐
今回は、早くも注目されているNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』の井伊直虎の出生地──静岡県の「井伊谷」を訪問!! はたしてその盛り上がり具合はいかに!?

『すしいち!』小川悦司
浅草寺本堂の観音様に詣でたおりんは、亡き父と一緒に過ごした頃を思い返す……。“もう一度、お父っつぁんに会いたい”おりんに奇跡が舞い降りる──。

『エイトドッグス ~忍法八犬伝~』[漫画]山口譲司/[原作]山田風太郎
村雨姫のために、伏姫の御珠を取り戻そうと服部屋敷に単身乗り込んだ毛野。とうとう服部忍軍のくノ一たちとの決戦の火蓋が落とされる!! 大注目の甲賀忍法“摩羅蝋燭”が、炸裂!!

◆移籍新連載第3回◆
『政宗さまと景綱くん』重野なおき
政宗の父・輝宗は、息子の夢を守る為、自ら死を選んだ──。最悪の結末に、政宗の報復は必至!! そこで、拉致した畠山義継の取った行動とは……?

『鬼役』橋本孤蔵/[原作]坂岡真
「御所の防」後編!! 大迫石見守を美晴殺しの諸悪の根源と見定めた志乃。蔵人介には内密にし、美晴の元夫である猿彦を連れて、茶道の仲介を理由に、単身石見守の屋敷に侵入する──!!

◆コラム◆
『実録 江戸の真剣勝負』加来耕三
「英雄たちの選択」など数々のテレビやラジオに出演し、幅広いジャンルの著書を執筆・監修してきた歴史家・作家の加来耕三。加来氏が、江戸時代の決闘・仇討ちなどの“真剣勝負”を紹介する新連載企画がスタート!! 記念すべき第一回は「鍵屋の辻の決闘」!!

TwitterFacebookLineHatena

関連作品やお知らせ

ページの先頭へ